スマコト

SIMフリースマートフォンについてのいろいろなコト

ハイレゾオーディオと格安スマホ - 第3回 -

前回NEXUS 5(Android 5.0.1)と、Audio Quest社のDragonfly v1.2(USB/DACデジタルオーディオコンバーターヘッドフォンアンプ)、USB Audio Player Proで、USB経由でのハイレゾ再生(96Khz/24bit)の再生を行いました。今回は、格安スマホで対応できるかを確認してみます。他の機種でのテストも完了次第、順次追記していきます。

VAIOフォン (JCI VC-10J)

Androidバージョン 5.0.2

USBポートがOTGに非対応のため、USB DACの認識ができず、USB Audio Player Proのインストールもできない。

ASUS Zenfone 5(A500KL)

Androidバージョン 4.4.2

問題なく再生可能

実際の設定方法は前回の記事(NEXUS5)をご参照ください。

f:id:third_tsubame:20150331164605j:plain

ZTE Blade Vec 4G

Androidバージョン 4.4.2

問題なく再生可能

covia FLEAZ F4s, F4, F5

Androidバージョン 4.4.2

coviaのFLEAZ FシリーズはBROADCOMの23550というベンチマーク値はやや低めのSOCベースの製品です。ハイレゾの再生をすると、アプリの初期状態では音割れが発生しますが、下記のUSB tweak 1オプションを設定することにより、安定して再生ができます。

f:id:third_tsubame:20150331195818p:plain

FLEAZ F5とDragonfly v1.2

f:id:third_tsubame:20150331200541p:plain


まとめ(途中経過)

QualcommのSOCを採用した機種を試験しました。VAIOフォンは残念ながらUSB OTGに非対応のため試験できませんでしたが、他の2機種はAndroid 4.4でありながらも、USB Audio Player Proを使うことにより、96Khz/24bitのFLAC音源の再生ができました。

BraodcomのSOCを採用した機種を試験しました。coviaの3機種共に、オプション設定を一箇所変更することで、96Khz/24bitのFLAC音源の再生ができました。特にFLEAZ F4sは実売一万円未満の小型機で、非常にローコストでハイレゾ再生環境が構築できます。(実際USB DACの方が値段が高い)

 

blog.sumakoto.com

blog.sumakoto.com

 

 

 

 

ZTE Blade Vec 4G 050Plus着信不具合

ZTE Blade Vec 4GにはNTTコミュニケーションズの050Plusが搭載されており、このIP電話を使うことが推奨されています。下記のように対応機種には掲載されており、2014.9.1現在では、対応機種にはありませんが、完全同一機種のfreetel XMは掲載されており、対応自身は確認されているようです。

 

肝心の050Plusの動作検証の充分でない(対応機種に掲載もされていない)機種を8月27日に発売したのは、かなり見切り発車だったことが伺えます。

 

f:id:third_tsubame:20140902092704p:plain

着信不具合

050PlusはAndroidのプッシュ通知に対応しておらず、待受状態にするには、アプリを常駐させておく必要があります。しかしながら、Android4.4では不定期にバックグランドアプリを終了させてしまう挙動があるため、着信できないことがあるようです。調査が進みましたら、追加報告させていたただきます。

 

訂正とお詫び

初稿時にZTE Blade Vec 4Gは050Plusの対応リストに掲載がないと記載しましたが、freetel XMより一ヶ月前に掲載されていたようです。OCNのサポートセンターに問合せをした際に、ZTE Blade Vec 4Gは聞いたことがない機種であり、 今後検証していきますと言われたので、誤認しました。ここに訂正してお詫びします。

検証結果

Playstoreでのレビューでも、着信不具合のクレームが一番多いようです。

050 plus - 050番号で携帯・固定への通話がおトク - Google Play の Android アプリ


Android4.2以前は、メモリ不足に陥った場合に、システムがkillするプロセスは、自動的に復旧される仕組みでしたが、4.4.2以降からは復旧しない仕様に変更されたため、アプリ自身で再起動しなければなりません。050Plusが着信できない場合は、アプリが落ちており、これが復旧できていない状態のことが多いようです。Blade Vec 4GはOSは4.4.2を搭載しており、050Plus自身での復旧が必要です。

 

下記の手順で試験を複数回行いました。

通信: Wi-Fi及び4Gのそれぞれ

利用アプリ: Y!スマホ最適化ツール

1. アプリを沢山起動しローメモリの状態にする

f:id:third_tsubame:20140902205000p:plain

2. この状態で050着信を行う(成功)

f:id:third_tsubame:20140902205030p:plain

3. メモリの解放を行う

f:id:third_tsubame:20140902205052p:plain

4. 再度050着信を行う(成功)

f:id:third_tsubame:20140902205111p:plain


次に長時間スリープで放置し、着信の確認を行いました。4G通信はON/Wi-FiはOFFの状態での待機です。

2時間放置 5回/5回中 成功

16時間放置 4回/5回中 成功

 

まとめ

今回の試験結果にて、着信できないことはあるものの、ZTE Blade Vec 4Gと050Plus(2014年5月27日版)の組合わせにおいては、Playstoreのレビューにあるほどの致命的な着信不良障害は発生せず、稀に発生する着信不良は、留守番電話機能の併用などで、実用に耐えうるという評価になりました。但し、あくまでIP電話であるため、無線通信状態の依存性が高く、正常に通話できないことの頻度は、通常の音声通話よりも高いことは、ご留意ください。

 

関連記事

ZTE - スマコト

 

 

 

ZTE Blade Vec 4G CSフォールバック

ZTE Blade Vec 4GでのLTEの接続とCSフォールバックによる、3G-4Gの自動切換えについてのレポートです。結論から言うと、CSフォールバック機能により、LTE/WCDMAを選択しておくと、3G-4G間の切換えが自動で行われ、電話の発着信は可能でした。音声SIMを使ったLTEでの運用は問題ありません。下記の確認は、Biglobe SIM(音声付き)で行いました。

優先ネットワークタイプ

どのネットワークに優先的に接続するかのオプションは、LTE/WCDMAにしておきます。

f:id:third_tsubame:20140901161358p:plain

LTEで接続し、Network Signal Informationで接続状態を確認します。

f:id:third_tsubame:20140901161713p:plain

Blade Vecに電話をかけると、「4G」表示が「H」に代わり、3Gでの接続になったことが確認できます。

f:id:third_tsubame:20140901161917p:plain

着信しました。

f:id:third_tsubame:20140901162022p:plain

着信後、しばらくすると自動的にLTE接続に戻ります。

f:id:third_tsubame:20140901162119p:plain

 

他機種とのLTE感度比較

LTE接続時の感度比較では、G2 Mini > Blade Vec 4G >= NEXUS5という感触でした。同一箇所での比較ですが、試験の母数は少ないので、参考程度にしてください。G2 miniは他の2機種より感度は多少良いものの、LTE接続に切り替わりにくいようです。

NEXUS5

f:id:third_tsubame:20140901162501p:plain

LG G2 Mini

f:id:third_tsubame:20140901162656p:plain

 

関連記事

ZTE - スマコト

 

 

 

 

 

ZTE Blade Vec 4G OCNモバイルONE加入不要を確認

ZTE Blade Vec 4Gには「OCNモバイルONE」のSIMが同梱されて来ますが、加入の義務はありません。DTIのSIMで動作を確認しました。

 

登録されているAPN情報は少なく、serversman lteは無かったので、手入力しました。

MVNOの種類は少なく、逆に他のSIMフリー機では珍しいドコモのAPNが登録されています。

f:id:third_tsubame:20140828214417p:plain

無事に4Gでも接続できました。

f:id:third_tsubame:20140828214501p:plain

 

関連記事

ZTE - スマコト

 

 

 

 

 

ZTE Blade Vec 4G所感

数個のプリインアプリが搭載されている以外は全くfreetel XMと同一であるため、同じすぎて急いでレビューする箇所がありません。後日、実際の使用感や性能などを掲載したいと思います。製品の基本については、freetelXMブログが、詳細に、そして贔屓目に説明されているので、ご参照ください。

freetel XM

 

本機の特徴は、iPhoneなどと同じで全く開く箇所がありません。microSIMも外から挿入し、マイクロSDカードの追加なども一切できません。SIMスロットは一つだけです。筐体は完全プラスチックで、高級感は感じられません。(特にサイド) 

重量は額面通り132gと非常に軽いです。(ポラスマと同じ重量)


ROMのパーテションはNexus5などと異なり、仮想のSDカードを設ける古い方式で、ROM容量を効果的に使えません。

 

サポートに不安はありますが、このスペックが19,800円(税込)で入手できるのは、お得感が高いという点は間違い有りません。安すぎて長続きしないことが心配されるほどです。

 

レゾナント版の起動画面

f:id:third_tsubame:20140828202813j:plain

freetel XMとの背面比較(同社公式ブログより)

f:id:third_tsubame:20140828201303p:plain

freetel「背面もいい感じに仕上がってまいりました!!!」とのことだったので、背面デザインは同社独自かと思いましたが、まったくZTEモデルと同一です。このため個装箱のデザインだけが同社オリジナルのようです。

f:id:third_tsubame:20140828201529p:plain

関連記事

ZTE - スマコト

ZTE Blade Vec 4G 遅滞なく到着しました

Blade Vec 4Gとfreetel XM

まず一番気になるこの2機種は同一製品かですが、技適の申請番号が全く同じですので、ハードウェア仕様も含めて全く同一製品であることが確認できました。freetelは製造元を隠していますが、NTTレゾナントはZTEと表記しています。予想通り、ZTE名義であり、ZTEによる申請であり、freetelの手によるものではありません。さらに驚いたのは販売元が、白ロム・中古携帯の買い取り・販売のeiYAAAであることです。なんとZTEジャパンではありません。NTTレゾナントは一販売店の立ち位置です。NTTレゾナントが仕切っていながら、責任回避のためにeiYAAAを表に立てて、ZTEと共に製品責任を回避しているようです。

 

f:id:third_tsubame:20140828190654p:plain

f:id:third_tsubame:20140828190705p:plain

本体の個装箱には手をつけず、NTTレゾナント独自の同梱物は、外箱の中に入って配送されています。(撮影はBlade Vec 4G自身で行いました)

ZTE仕様の個装箱(freetelは独自)

f:id:third_tsubame:20140828191742p:plain

同梱物

OCNモバイルONE SIMと保護フィルム(eiYAAA製)

f:id:third_tsubame:20140828191803p:plain

ACアダプタとUSBケーブル、マニュアル類

f:id:third_tsubame:20140828191811p:plain

 

下記の2社はこのためだけの委託と思われます。NTTレゾナントにはfreetelから調達することも選択肢にはあったのでしょうが、今回の価格インパクトを出すために、出し抜く作戦を選択したようです。 eiYAAAにスマートフォンの技術サポートができるのか疑問です。同社はメーカー品の中古販売なので、取扱商品の技術サポートの問合せ先は各メーカーであり、今回のBlade Vec 4Gの問合せ窓口になる体制を独自に用意できているのでしょうか?

 

保証書

製品保証は購入から一年間で、eiYAAAからのものです。ZTEジャパンでもNTTレゾナントでもありません。

f:id:third_tsubame:20140829033010p:plain

輸入元

輸入元は、freetelと同じくZTEジャパン株式会社でした。NTTレゾナントだけが、直接本社から直購入したのではありません。ZTEジャパンが輸入し、初回ロットの3,000台をNTTレゾナント(実際は配送委託先の報映テクノサービス)、1,000台をfreetelへ納品したものと思われます。この初回ロットだけが特別価格(レゾナント 19,800円、freetel 7,000円キャッシュバック)と思われていますが、しかし仕掛けた方のNTTレゾナントは2ロット以降も継続する可能性があります。その場合、freetelは先行予約分の責務をこれで果たし、2ロット以降は追従せず、販売終了する可能性があります。元々7,000円/台以上の利益があるはずがなく、体力的にも、赤字で販売継続する意味は見いだせないでしょう。

f:id:third_tsubame:20140829033952p:plain

 

 

配送委託先

報映テクノサービス株式会社(長瀬産業の子会社)

http://www.htservice.co.jp/

 

販売元

株式会社eiYAAA(白ロム・中古携帯の買い取り・販売)

http://www.eiyaaa.com/

 

関連記事

ZTE - スマコト

 

 

 

ZTE Blade Vec 4G物語「夏の扉」

今回の突然のニュースは、当事者の方でさえ状況、経緯、理由を把握するのが難しいようです。ネットに流れている情報を集めて、物語風に記事にしてみました。題名は「夏の扉」です。今回の記事はあくまでもフィクションですので、エンターテイメントとしてお楽しみください。

 

f:id:third_tsubame:20140823110424j:plain

 

背景

ZTEのような世界的トップメーカーに取っては、日本のSIMフリー市場は、まだ未成熟である。先行しているLGやHuaweiもSIMフリー市場には懐疑的で、本腰を入れたビジネスになっていない。その一方、日本の携帯端末市場は、寡占化が進んでおり、ほとんどの国内メーカーが撤退を余儀なくされ、SamsungやSonyでさえ苦戦を強いられている。世界では急成長を遂げているZTEであるが、日本市場では、3Gドングルやモバイルルーター、見守りケータイといった本流とは言えない商品に留まっていた。こうした国内メーカーの撤退と、格安SIMフリー市場の萌芽は、海外メーカーへこれまでにはないチャンスをもらたしつつある。いわゆるガラパゴス市場の終焉後の世界である。ZTEは、基本的に無線設備側のビジネスのほうが重要で、大手通信キャリア相手、つまりドコモやソフトバンクなどがターゲット顧客であり、同じNTTといえど、NTTコミュニケーションズや、ましてやレゾナントは彼らの視界にはなかった。しかし市場や他社の動向から、日本の携帯端末市場への門戸が開かれつつあることだけは感じていた。

 

freetelが開けた扉

freetelは焦っていた。同一筐体で3G(Broadcom)とLTE(Qualcomm)を提供できる中国メーカーを見つけ、契約もせずに商品発表をした後に、端末購入の交渉をしていたが、高額な開発費と手付金が用意できずに窮地に陥っていた。ひょんなことからZTEと商談できたのは、彼らに取って渡りに船だった。ZTE社は原価は高いものの、初期費用はほとんど要求されなかったのである。なんの躊躇もなくZTEへ乗り換え、その原価のアップ分は、freetelにしては珍しい販売価格値上げ(27,000円→29,800円)で乗り切ったと思っていた。ここで節約できた初期費用が、後にZTEにレゾナントへの販売を許してしまうことになる。こうしてfreetelの怖いもの知らずで、がむしゃらなベンダー探しは思いがけず、通常ではあり得ないトップメーカーの一社であるZTEに行き着いてしまった。ZTEもOEM部門はあるが、その場合のミニマムロットの要求数量は桁違いである。自社ブランド部門は最小購買ロットの要求は低い代わりに、ZTEブランド又は少なくともダブルブランドが前提である。このためfreetelがBlade Vec 4Gを、自社の名前で出すことは奇跡のようだった。こうしてZTEへのSIMフリー市場参入の扉はfreetelが開いた。

 

レゾナントの悩み

NTTレゾナントは、新規参入が相次ぎ、激化の一途を辿るMVNO事業者間の競争の中で勝ち抜くために、インパクトのある端末を探していた。LGやHuaweiとも話をしたが、すでに複数のMVNO業者や、量販店の手がついており、その中の一社的な扱いだった。どれも3万円越えであり、優先的に供給してもらえるメーカーなどなかった。AsusやXiaomiにも興味があったが、担当者に行き着くこともできなかった。そこにfreetel XMがZTE Blade Vec 4Gベースで進められていることをネットから知ったレゾナントの担当者は、早速ZTEにアプローチをした。ZTEの扉はfreetelのおかげで開いていた。Blade Vec 4Gはfreetelの商談がなければ、国内商品化の予定はなかったものだ。ZTEに取っては、freetelの引き合いで、多少懐疑的に進めていた日本のSIMフリー市場への初投入の商品である。そこにNTTを冠する会社から来た引き合いを断る理由はなかった。コストのかかる日本バンドへの対応や、技適の申請はすでに自社の負担で終えており、レゾナントはZTEブランドでの販売を希望していたからである。

 

ZTEの悠然

正直なところ、ZTEにとっては日本のSIMフリー市場向けの端末はまだ数量的に関心は高くなく、なんの戦略も持っていなかった。実際にfreetelから注文が入り、最近はイオンスマホなどでにぎわっているので、取り組んでいただけである。ZTEにはfreetelを守る気もなければ、騙すつもりもなく、彼ら独自の中国のビジネス感に元づく行動にすぎなかった。今回仕掛けたのはレゾナントである。ZTEがfreetel XM用に準備していた初ロットに割り込み、その中から3,000台を確保した。freetelは自分のためだけに進めてくれていると信じて疑わなかったが、ZTEに取ってみるとfreetelは小売店の一つに過ぎず、ZTEのブランドで購入したい顧客を優先するのに、何の躊躇もなく、裏切ったという感覚もない。初ロットは同じ生産ラインで同時に製造され、同じ船で日本に出荷された。こうしてBlade Vecはfreetel XMと同じ価格でレゾナントに提供されてしまった。freetelは量販店ルートに流すため、販売店マージンを考慮した値付けになっているが、レゾナントはインパクトだけを重視し、ほぼ購入原価で販売することに踏み切った。普通であれば割賦販売を用意し、2年縛りとするところを、ほぼ原価で単品販売し、OCNモバイルONEの加入は任意とした。割賦販売の調整がつかないまま、インパクトだけを重視したあまりに拙速な戦略である。これでは端末だけを購入し、他の音声サービス付きのSIMや、より条件の良いSIMでの利用目的で単品購入するユーザーが多いと思われ、OCNモバイルONEの販促にはあまり貢献せず、早々に見直されるだろう。今回の販売は、後にユーザーに取っては滅多にない福袋だったと言われるしれない。結論づけるのはまだ早いが、結局得をしたのは国内でのコンシューマー向けの知名度が上がったZTEだけとなる可能性が高い。