読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマコト

SIMフリースマートフォンについてのいろいろなコト

Polasma メモリー1G/4Gのこと

主記憶 RAM容量

Polasmaには1GB/4GBのメモリが搭載されていると言われていますが、誤解も多いようなので、ここではPolasmaが対象とされている初心者の方のために解説します。一般にスマホは、主記憶(メインメモリ)と、ストレージ(フラッシュメモリ)で構成されています。主記憶はRAMで構成されており、バッテリーがなくなったり、システムをシャットダウンすると、その内容は消失します。またスマホでは、この主記憶のRAM容量は、出荷後に増設することはできません。Polasmaではこれが1GBという仕様です。(iPhone4は512MB, iPhone5は1GBです) 

ストレージ フラッシュメモリ容量

ストレージはフラッシュメモリで構成されており、不揮発性なので、バッテリーがなくなっても、システムをシャットダウンしても消失しません。電源を投入するとOSやアプリが、このストレージから主記憶に展開(コピー)されて、動作が始まります。iPhoneでは世代ごとに主記憶の容量は異なりますが、積極的には開示しておらず、ストレージの容量だけで16GBモデルや、32GBモデル、64GBモデルなどと呼称しています。これに相当するストレージがPolasmaでは4GBです。iPhoneやNexusなどは本体にmicroSDカードで増設できない仕組みのため、本体に大きめのストレージを搭載しています。Polasaは必要最低限の4GBのみを搭載しており、必要に応じてmicroSDカードを追加するという、Androidでは一般的な構成です。ご利用の前に、microSDカードを増設することをおすすめします。

ご利用にあたり

AndoridはOSとして必要なリソースをどんどん拡大しており、1G/4Gという構成は最新のスマホに比べると決して大きくはないですが、microSDでストレージを増設しておけば、さほど問題ないでしょう。しかし、アプリを次々に起動すると動作が緩慢になったり、バッテリーの持ちが悪くなったりします。これを簡単に改善するには、Yahoo!スマホ最適化ツールがおすすめです。Playstoreからインストールするだけで、複雑な操作は一切ありません。200万ダウンロード突破されたそうです。

http://special.market.yahoo.co.jp/app/smarttool/index.html?referrer=spmanager

 

f:id:third_tsubame:20140429012544p:plain