読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマコト

SIMフリースマートフォンについてのいろいろなコト

買ってもいい格安スマホ(3G編)

SIMフリーマーケットの発展と共に、格安SIMフリー機も続々と新機種が発表され、スマホ初心者の方も購入されるようになっており、玉石混合の中で、どの機種を選んだらよいか判りにくい状況になっています。今回は3G編と題して、LTEに対応していない3G対応の機種に限定して、機種選定のポイントを解説します。格安SIMで使う場合には、LTE通信のメリットは非常に少ないため、3Gオンリーで、より端末スペックのよいものが、コストパフォーマンス的に優位ですが、海外大手メーカーは既に3Gモデルはラインナップになく、コヴィア、Geanee、freetel、Polaroidなどが製品を出している状況です。

 

修正履歴

* 電子コンパスとLCDドットピッチ、Wi-Fi 5Ghzについて追記しました。(2014.8.13) 

* freetel nicoが最終ランナーでようやくゴールしたので更新しました。(2014.9.27)

* 星の評点を調整しました。(2014.10.4)

 

freetel Priori(FT132A) 9,500円(税別) f:id:third_tsubame:20140929121444j:plain

f:id:third_tsubame:20140812123634p:plain

CPU: シングルコア(Cortex-A5 1GHz) Spreadtrum SC7710

RAM/ROM: 512MB/512MB

LCD: 3.5インチ

Android 4.2

 小型で安価で一定性能に限定されたスマホであり、初心者にはお薦めしません。初心者こそ、性能が充分で、操作自身に戸惑わない機種を選ぶべきです。基本性能が低すぎて、機器の制限で動かないのか、自分の知見が足りなくて動かせないのかもわからないまま、スマホ自身に失望することになります。小型で安価なことは、簡単に使えるという事ではありません。特にFT132AはCPU性能と、メモリ容量の両方に大きな制限があり、内部ストレージの容量不足を外付けのSDカードで補う構成のため、SDカードの破損でシステム全体が動かなくなるトラブルも多いです。またFOMAプラスエリアに対応していないため、電波が届かないエリアも多いです。FT132Aを選ぶなら、ガラケーのまま、もうしばらく様子を見るか、大手通信キャリアの提供するスマホにしておくのが無難でしょう。

 

FT132Aが向いているのはある程度スキルのあるユーザーのサブ機としてです。スキルがあれば、この一定性能に限定された安価なスマホを、自らの限定的な用途に当てはめて便利に使うことができるでしょう。各種のGoogleや他のクラウドサービスを、最も小さなサイズで携帯するだけなら可能性のある端末です。インストールできないアプリも多く、画面が小さすぎて入力もしづらいですが、限定的なサブ機としてなら使えるでしょう。電子コンパスは搭載されていません。

 

これは2007年頃に発売されたASUSのEee PCやその後のネットブックのようです。元来はインターネット利用に特化した低価格パソコンの位置づけでしたが、実際は初心者向けの安価なエントリーモデルとして、移動体通信端末及びサービス加入権をセットに拡販されたため、多くの初心者に混乱と失望をもたらしました。初心者こそ、性能が充分な機種から入るべきです。

 

geanee FXC-5A 15,120円(税別) f:id:third_tsubame:20140929121519j:plain

f:id:third_tsubame:20140812123706p:plain

CPU: クワッドコア(Cortex A7) MedeiTek MT6582M

RAM/ROM: 512MB/4GB

LCD: 5インチ(qHD)

Android 4.4

コストパフォーマンスに優れたエントリー商品です。Android4.4のおかげで、少ないメモリ容量でも、快適に利用できます。初心者にもお薦めできます。難点はストレージ容量が4GBと少ないのにかかわらず、SDカードにアプリを移動できないため、インストールできるアプリの数に制限があります。インストールできるアプリ数の制限と、Bluetooth関連に課題はありますが、イオンのターゲットのシニア層には画面が大きく、価格が安いという点で適しています。これはイオンでしか購入できない専売製品なのでご注意ください。ロープライス機ながら電子コンパスを搭載しており、徒歩でナビを利用する時に便利です。

 

covia CP-F03a 18,800円(税別) f:id:third_tsubame:20140929121519j:plain

f:id:third_tsubame:20140812123732p:plain

CPU: クワッドコア(Cortex A7) Broadcom BCM23550

RAM/ROM: 512MB/4GB

LCD: 5インチ(qHD)

Android 4.2/4.4

SIMフリースマホを牽引してきたと言えるベストセラー標準機です。アマゾンやBCNの調査で、今年のSIMフリー機での販売台数No.1です。Android4.4へのアップグレードが終わり、少ないメモリ容量でも、快適に利用できます。ストレージ容量が4GBと少ないですが、SDカードにアプリの移動ができます。電子コンパスは搭載されていません。

9.10のファームウェアで消費電力が大幅に改善し、より便利になりました。デュアルSIM切り替えの元祖モデルです。

珍しいところでは、準天頂衛星「みちびき」に対応しており、GNSS(GPS)の精度向上や、その他のアプリケーションが期待できます。

covia - ネットアプライアンスのブランド「Covia」: 【重要なお知らせ】CP-F03aファームウェアアップデートのお知らせ

 

Polaroid Polasma/Lineage 27,667円/26,667円(税別) f:id:third_tsubame:20140929121624j:plain

f:id:third_tsubame:20140812123757p:plainf:id:third_tsubame:20140812123808p:plain

CPU: クワッドコア(Cortex A7) MedeiTek MT6582

RAM/ROM: 1GB/4GB

LCD: 5インチ(qHD)ジャパンディスプレイ

Android 4.2

ディスプレイクオリティとデザインに優れたブランド機です。他の格安ノーブランド製品とは異なるテイストを持っています。メインメモリを1GB搭載しているため、Android4.2でありながら、実用的な性能を維持しています。バッテリー利用時間が短いという点が報告されていますが、これはディスプレイの発色の良さを強調するためなのか、輝度が高めに設定されており、バッテリー時間を短くしています。輝度をかなり低くしても、他の機種より明るいので、輝度は十分に低くして使いましょう。電子コンパスは搭載されていません。

 

9.20に発表された新ファームにより、バッテリー利用時間とSIM切換えの利便性が改善し、完成度が高まりました。

ファームウェアアップデートのお知らせ (Lineage)

ファームウェアアップデートのお知らせ (Polasma)

 

TJC StarQ Q5001 24,800円(税別)  19,800円(税別)に価格改訂 f:id:third_tsubame:20140929121444j:plain

15,984円(税込)で在庫一掃販売開始(ビックカメラ) 2014.10.4 

f:id:third_tsubame:20140812123841p:plain

CPU: クワッドコア(Cortex A7) MedeiTek MT6582

RAM/ROM: 1GB/16GB

LCD: 5インチ(HD)

Android 4.2

LCDパネルをHDにしたり、メモリを1G/16GBにしたりといった、他機種との差別化があまり功を奏しておらず、今ひとつ安定感に欠け、販売は不振のようです。電子コンパスは搭載されています。発売時はGPSの不良やセルスタ・アンテナピクト問題など不安要素が沢山ありましたが、7.4のファームウェア更新により大分安定したようです。デュアルSIMの切換えは手動です。freetel nicoと同様に内部ストレージに0.9GBしか配分していないので、せっかくの16GBのROM容量がまったく生かせません。

nicoより仕様的には勝っている製品ですが、販売不振のため、発売からわずか4ヶ月の間に2回の価格改定を行い、約9,000円も安くなりました。初ロットが大量に在庫で動かないための措置と思われますが、こうして初ロットだけで短期的に販売が終了する製品はいくら安くても、その後のサポートや、ユーザーが圧倒的に少なく情報も入らないなどの観点から、すでに購入された方が御自身の予備機として購入する以外はお薦めしません。

 

新製品

これから発売予定のFLEAZ F5とfreetel nicoは低価格とメモリ容量アップの点で期待が持てます。

 両機種とも発売開始されました。

covia FLEAZ F5 18,800円(税別) f:id:third_tsubame:20140929121817j:plain

f:id:third_tsubame:20140812123855p:plain

CPU: クワッドコア(Cortex A7) Broadcom BCM23550

RAM/ROM: 1GB/8GB

LCD: 5インチ(qHD)

Android 4.4

市場実績の高いCP-F03aの後継機で、最初からAndroid4.4を搭載し、メモリ容量を1GB/8GBに上げたものです。メモリ容量に余裕があるため、初心者が使い進めてもアプリがインストールできなくなる心配は少ないです。電子コンパスは搭載されていません。

出荷直後はデュアルSIMが故と思われる不具合が報告されていましたが、9.5のファームウェア以降、非常に安定しました。SIM切換え機能の完成度はCP-F-03aと同様に、最も高いです。

CP-F03aから継承し、準天頂衛星「みちびき」に対応しており、GNSS(GPS)の精度向上や、その他のアプリケーションが期待できます。

covia - ネットアプライアンスのブランド「Covia」: 【重要なお知らせ】FLEAZF5 CP-F50aK ファームウェアアップデートのお知らせ

freetel nico 17,800円(税別) f:id:third_tsubame:20140929122158j:plain

f:id:third_tsubame:20140812123926p:plain

CPU: クワッドコア(Cortex A7) MediaTek MT6582

RAM/ROM: 1GB/8GB

LCD: 5インチ(HD)

Android 4.4

何度も発売日や仕様を変更しているfreetelなので、9月に出てくるのかは不安ですが、その仕様と価格は魅力的なので、見守りましょう。同じMT6582を採用している他機種(GeaneeやPolaroid)がBluetoothテザリングがうまくできていないので、同様な可能性があります。この点ではQualcommやBroadcomを採用した製品が安心です。電子コンパスが搭載されているかは不明です。ません。

9.26に発売が開始されました。製品の質感は、他の機種より突出して重いことを除けば中々よい仕上がりです。しかし同じMedeaTekを採用した商品としては、最も早かったPolasmaから遅れること約半年にも関わらず、残念ながら各社が解決済みの問題がほとんどそのまま残っており、製品の安定にはしばらく時間がかかりそうです。

8GBのフラッシュメモリを搭載していながら、アプリをインストールするための内部ストレージに0.89GBしか配分されていないことが判明しました。これはOTAによる更新は難しいと思われ、事実上は4GB搭載機と同じ使い勝手になります。(アプリをSDカードへ移すのには限界があるので)

 

電子コンパス

eコンパスやデジタルコンパスとも呼ばれ、微弱な地磁気を検知する磁気センサーを用いて実現しています。これは徒歩でナビを利用するときには、最初に歩き出す方向を掴むのに便利ですが、車でナビをする場合は移動している方向にヘディングアップしますので、電子コンパスは必要ありません。個人の利用形態に応じて、有益性は異なります。

LCDドットピッチ

StarQ5とfreetel nicoがHD(1280x720)で、その他はqHD(960x540)というパネル解像度です。これはppi値で表すと5インチ HDが294ppi、5インチqHDが220ppi、4.5インチqHDが245ppiになります。HD解像度のほうがスペック的には高いのですが、5インチ以下というLCDサイズでは大きな差はありません。今回の機種比較では、解像度がqHDでありながら、Polasma/Lineageが圧倒的に表示品位が高いです。ppi値はちなみに初代iPad mini(7.9インチ)が163ppiで、それ以降Retiaで326ppiになりましたが、この解像度のアップでは視認性は上がらず、読めるかどうかは画面サイズ(文字の大きさ)で決まります。今回の5インチ以下での比較ではHDパネルはqHDに対して、大きなアドバンテージはないという見解です。

Wi-Fi 5Ghz対応

このクラスではコヴィアの2機種(Broadcom採用)のみが、5GhzのWI-Fiに対応しています。2.4Ghzは環境によっては干渉が多く、干渉はパケットロスや切断につながります。パケットロスはIP電話時の音声の遮断や、miracastで動画再生時のノイズにつながります。