読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマコト

SIMフリースマートフォンについてのいろいろなコト

ZTE Blade Vec 4G CSフォールバック

ZTE Blade Vec 4GでのLTEの接続とCSフォールバックによる、3G-4Gの自動切換えについてのレポートです。結論から言うと、CSフォールバック機能により、LTE/WCDMAを選択しておくと、3G-4G間の切換えが自動で行われ、電話の発着信は可能でした。音声SIMを使ったLTEでの運用は問題ありません。下記の確認は、Biglobe SIM(音声付き)で行いました。

優先ネットワークタイプ

どのネットワークに優先的に接続するかのオプションは、LTE/WCDMAにしておきます。

f:id:third_tsubame:20140901161358p:plain

LTEで接続し、Network Signal Informationで接続状態を確認します。

f:id:third_tsubame:20140901161713p:plain

Blade Vecに電話をかけると、「4G」表示が「H」に代わり、3Gでの接続になったことが確認できます。

f:id:third_tsubame:20140901161917p:plain

着信しました。

f:id:third_tsubame:20140901162022p:plain

着信後、しばらくすると自動的にLTE接続に戻ります。

f:id:third_tsubame:20140901162119p:plain

 

他機種とのLTE感度比較

LTE接続時の感度比較では、G2 Mini > Blade Vec 4G >= NEXUS5という感触でした。同一箇所での比較ですが、試験の母数は少ないので、参考程度にしてください。G2 miniは他の2機種より感度は多少良いものの、LTE接続に切り替わりにくいようです。

NEXUS5

f:id:third_tsubame:20140901162501p:plain

LG G2 Mini

f:id:third_tsubame:20140901162656p:plain

 

関連記事

ZTE - スマコト