読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマコト

SIMフリースマートフォンについてのいろいろなコト

freetel nico 入手第一報「やっぱり重いnico」

今回は予想通り遅れなく発売日に3色ともに発売されました。通販に頼らずに店頭で購入してきましたのでレポートします。

 

外装箱

外装箱がキツく、保護袋のシワ感などは、XMとは大分クオリティが異なります。

f:id:third_tsubame:20140926131840p:plain

LCD保護フィルムと同梱物

LCD保護フィルムは1枚貼られており、もう一枚予備が入っていますので、すぐに用意する必要はありません。

f:id:third_tsubame:20140926132104p:plain

技適認定表示

バッテリーの下にシールが貼られています。(奇麗に貼られてない)

ケースにはT-flashと刻印されていますが、シールはmicroSDと表記されています。

SIM2の示している位置が実際のスロットとズレています。

技適認定の表記がここにあります。これはXMが電子表記であったのとは異なり、FT-132Aと同様です。

f:id:third_tsubame:20140926132255p:plain

重量

懸念があたり、バッテリー込みで159g(ブラック)~161g(ゴールド)とクラス最重量でした。PolasmaやXMに比べると2割弱重いことになります。あの巨大なiPhone 6 Plusと約10g差しかありません。このため敢えて公開してこなかったのでしょうか。

ブラックは159g

f:id:third_tsubame:20140926132818p:plain

シャンパンゴールドモデルのほうが重く161g

f:id:third_tsubame:20140929133340p:plain

5インチ形状比較

f:id:third_tsubame:20140929134031p:plain

 

関連記事

"freetel" - 記事一覧 - スマコト