読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマコト

SIMフリースマートフォンについてのいろいろなコト

freetel nico 新ファーム1110版(その2)

freetel

1110版ファームウェア評価記事(その2)では、デュアルSIMの動作についての確認をします。

SIM切換えを試す

SIM管理のアイコンは設定へのショートカットのままなので、切り替えには煩雑な操作が伴います。アイコンをタップすると設定に飛びます。現在はSIM2が選択されています。

f:id:third_tsubame:20141116020800p:plain

ここでSIM1をONにすると、SIM2は自動でOFFになります。(国内モードにチェックを入れている場合)

f:id:third_tsubame:20141116020952p:plain

これだけではSIM1での通信は動作開始しません。(アンテナピクトXのまま)

f:id:third_tsubame:20141116021411p:plain

データ接続をオフからSIM1に変更します。

f:id:third_tsubame:20141116030528p:plain 

データ接続はSIM1になりましたが、まだ接続されません。(アンテナピクトはXのまま)

f:id:third_tsubame:20141116021731p:plain

右上からメニューを引き出して、一旦機内モードにします。

f:id:third_tsubame:20141116021706p:plain

機内モードを解除します。

f:id:third_tsubame:20141116022026p:plain

ようやくSIM1で接続できました。(アンテナピクトが立って3G表示)

f:id:third_tsubame:20141116021949p:plain

まとめ

切り替え操作は煩雑な操作が必要な手動のままで、切り替えアプリ化する予定はないようです。切り替え後の動作は以前より安定しているようです。日本語が以前のまま機械翻訳なので、日本人がしっかり査読して修正されることを望みます。

f:id:third_tsubame:20141116022535p:plain

「国内利用時は片側のSIMスロットだけを許可し、余分な待機電力を抑えます」

関連記事 


freetel nico 新ファーム1110版(その1) - スマコト