読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマコト

SIMフリースマートフォンについてのいろいろなコト

FLEAZ F4 キャンペーンの意味

FLEAZ

f:id:third_tsubame:20141212010208j:plain

FLEAZ F4s発売の影でひっそりと行われてたFLEAZ F4の発表と、その乗り換えキャンペーンの意味について検証してみます。発表された内容から、FLEAZ F4はCP-F03aとほぼ同じスペックで、メモリが512M/4Gから1G/8Gに拡張されただけ、さらにNFCは削除されたものということで、新製品としてはインパクトに欠け、FLEAZ F5のLCDが5インチから4.5インチになったものというような位置付けです。さらに一般販売の前に、この乗り換えキャンペーンだけが発表されており、その意図が計りかねていました。そこに公式SNSでのメッセージで、下記が提示されたので、ようやくその意味がわかりました。


公式Facebookより抜粋

CP-F03aをご愛顧いただいているユーザー様を対象に、メモリーを1G/8GBに増量したFLEAZ F4への乗り換え「下取り」キャンペーン販売を開始しました。このキャンペーンはCP-F03aの本体だけを下取りさせていただき、お使いのバッテリーパックとACアダプターはそのまま、新しいFLEAZ F4に同梱されてくる新しいバッテリー、ACアダプターとともに持続してお使いいただくサステイナブルなご提案です。

CP-F03a

2014年3月14日に19,800円で発売され、発売時はAndroid4.2でしたが、後日4.4へのアップデートが行われました。発売当初はメインチップのBROADCOMが国内初物であったことで、多くのトラブルがあり、4.4へのアップデート直後もいろいろな問題がありましたが、度重なるファームウェアアップデートにより改善されてきた機種です。Android4.4にアップデート後は512MB/4Gという少ないメモリ容量でも、十分使えるようにはなっていますが、10ヶ月も使っていると内部ストレージ容量は枯渇し、バッテリーもだんだん経たってきている状況です。

f:id:third_tsubame:20141212011351p:plain

FLEAZ F4

FLEAZ F4はブランド名を一新された FLEAZ Fシリーズの第3弾としてCP-F03aをベースに外観を黒へ変更し、メモリを増量したモデルです。NFCは削除されていますが、このクラスでは珍しいWi-Fi 5Ghzの対応は健在で、販売価格は不明ですが、地味ながらも長く使えるモデルだと思います。

f:id:third_tsubame:20141212011444p:plain

乗り換えキャンペーン

乗り換えキャンペーンの条件として、CP-F03aの本体のみを下取りに出す必要があり、この条件で9,900円(税別)の特価でFLEAZ F4が購入できるというものです。この時にACアダプターとバッテリーパックは返却する必要がないようです。新しいF4にはACアダプターとバッテリーパックは同梱されてくるので、ACアダプター、バッテリーパックは2セット持てることになり、新しくなってメモリも増量されたF4とともに、予備のアCアダプター、バッテリーが入手できるので、長く使うことができます。

f:id:third_tsubame:20141212012921j:plain

外部バッテリーチャージャー

バッテリーを複数個持っていても、スマホ本体でしか充電できないと、充電の準備をするのが非常に面倒なのですが、これも外部チャージャーの発売が予定されているので、至れり尽くせりです。このチャージャーは、乗り換えで余るACアダプターをmicroUSB接続して使えそうです。


バッテリーチャージャー:6:FLEAZ DIRECT - Yahoo!ショッピング - ネットで通販、オンラインショッピング

まとめ

これまでスマホは進化の途上にあったため、短命に買い換えられていく宿命の商品でしたが、その進化もひと段落し、使い切れないほどの機能や性能という領域に達してしまい、どんどんコモディティー化しはじめています。これがMVNOと格安スマホの誕生のきっかけでした。今回のサステイナブルな乗り換えキャンペーンの試みは興味深いアプローチです。少しくたびれて、飽きてきた手元の白いCP-F03aが、印象の変わる真新しい黒いFLEAZ F4へと継承されるのは「あり」だと思います。半年前に旅立ったCP-F03a-KKが、数多くの問題を解決し、FLEAZ F4として凱旋してくる感じで楽しみです。早速下取りの申し込みをしてみます。

関連記事


CP-F03a-KK 旅立ち(シーズン1 最終回) - スマコト