読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマコト

SIMフリースマートフォンについてのいろいろなコト

ハイレゾオーディオと格安スマホ - 第3回 -

前回NEXUS 5(Android 5.0.1)と、Audio Quest社のDragonfly v1.2(USB/DACデジタルオーディオコンバーターヘッドフォンアンプ)、USB Audio Player Proで、USB経由でのハイレゾ再生(96Khz/24bit)の再生を行いました。今回は、格安スマホで対応できるかを確認してみます。他の機種でのテストも完了次第、順次追記していきます。

VAIOフォン (JCI VC-10J)

Androidバージョン 5.0.2

USBポートがOTGに非対応のため、USB DACの認識ができず、USB Audio Player Proのインストールもできない。

ASUS Zenfone 5(A500KL)

Androidバージョン 4.4.2

問題なく再生可能

実際の設定方法は前回の記事(NEXUS5)をご参照ください。

f:id:third_tsubame:20150331164605j:plain

ZTE Blade Vec 4G

Androidバージョン 4.4.2

問題なく再生可能

covia FLEAZ F4s, F4, F5

Androidバージョン 4.4.2

coviaのFLEAZ FシリーズはBROADCOMの23550というベンチマーク値はやや低めのSOCベースの製品です。ハイレゾの再生をすると、アプリの初期状態では音割れが発生しますが、下記のUSB tweak 1オプションを設定することにより、安定して再生ができます。

f:id:third_tsubame:20150331195818p:plain

FLEAZ F5とDragonfly v1.2

f:id:third_tsubame:20150331200541p:plain


まとめ(途中経過)

QualcommのSOCを採用した機種を試験しました。VAIOフォンは残念ながらUSB OTGに非対応のため試験できませんでしたが、他の2機種はAndroid 4.4でありながらも、USB Audio Player Proを使うことにより、96Khz/24bitのFLAC音源の再生ができました。

BraodcomのSOCを採用した機種を試験しました。coviaの3機種共に、オプション設定を一箇所変更することで、96Khz/24bitのFLAC音源の再生ができました。特にFLEAZ F4sは実売一万円未満の小型機で、非常にローコストでハイレゾ再生環境が構築できます。(実際USB DACの方が値段が高い)

 

blog.sumakoto.com

blog.sumakoto.com