読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマコト

SIMフリースマートフォンについてのいろいろなコト

ASUS Zenfone 2 SONY torneでテレビ視聴

ASUS

SONY torneを使ってテレビの遠隔視聴を行ってみました。宅内だけでなく、外出先からインターネット経由で視聴できるかどうかの検証をします。nasneに 対応した視聴アプリはこれまでにnasne ACEESSやTVside viewなどがありましたが、ここではtorne mobileを利用します。同様な機能のアプリをソニー自身が乱立させている意図はわかりません。

 

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J01)

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J01)

 

初期設定

Zenfone2にtorne mobileをインストールしたら、初期セットアップしていきます。torne mobileのAndroid版はスクリーンショットが禁止されているため、設定手順を画像でご案内することができません。iOS版と内容は変わりませんので、設定方法については下記をご参照ください。

SONY torne mobileの初期設定 - スマコト

動作確認

設定が終わると下記のホーム画面が表示され、宅内のホームネットワーク環境では、ZenFone2でtorneを遠隔操作し、TVのライブ視聴や、録画予約、録画した番組の再生などが一通り問題なくできます。アプリでスクリーンショットが禁止されているため、他のカメラで撮影しました。torne mobileアプリは無償なのですが、TV視聴関連はアプリ内購入(500円)が必要です。単体では視聴機能のないソニーのtorne専用の、さらに単機能アプリなのに、これを課金する必要があるのかは甚だ疑問です。一度課金されると、複数の端末に無償でインストールできるのは便利です。

f:id:third_tsubame:20150614210936p:plain

f:id:third_tsubame:20150614211226p:plain

外出先からの視聴

外出先から動画をストリーミング視聴する際には、NAT越えとアップロード帯域の2点が問題になることが多いのですが、今回下記の2種類のインターネット接続を試しましたが、残念ながらどちらも正常に視聴はできませんでした。torneの遠隔視聴機能の完成度は非常に低く、光回線を直接宅内に収容するような単純なネットワーク構成で、帯域も十分という条件が揃わないと利用できないので、ご注意ください。torneからuPnPでポートが開けられるという単純なネットワーク環境が必須のようです。

 

マンションインターネット回線

NATが越えられないため、一切の遠隔操作も不可能、視聴はもちろん出来ない

アップロード帯域は20Mbps以上あり十分

Yahoo BB ADSL回線

操作は可能であるが、アップロードスピードが700Kbps程度のため、視聴は不可能

 

torneが必要なビットレート

torneが実際に必要とする帯域は明示されておらず、サポセンでも教えてもらえません。torne mobileから操作できる視聴モードには2種類の選択が可能なのですが、これが何を意味するのか説明がありません。これはtorneに録画をする際にビットレートを落とすことで、視聴時の帯域を落とすという説明を受けましたが、実際は配信時のビットレートを2Mbps/1Mbpsに切り返えるようです。

f:id:third_tsubame:20150614212013p:plain

下記のリンクにビットレートの情報がありましたが、これがtorne録画時なのか、リアルタイムでビットレート変更されるのか不明です。

nasne(ナスネ)™ で外出先からテレビのリモート視聴をするには? | PlayStation.com

f:id:third_tsubame:20150614213528p:plain

まとめ

ホームネットワークで利用する分には問題ありませんが、外出先からの遠隔視聴はNAT越えと必要帯域が原因で動作させる条件が難しいため、ご注意ください。単純に動作しなかった場合は、自分で解決するのはほぼ不可能です。Slingboxは300Kbps程度でも動作させることができたので、今後のファームウェア更新で、せめて500Kbpsにするとよいと思います。NAT越えの技術に関しては、技術革新があり接続できる確率があがっているのに、こうしてuPnPだけに頼っている点も、できれば改善されるとなお良いです。

 関連記事

 

 

 

blog.sumakoto.com